パソコン・インターネット

自分サーチ

Julicoというのは、とある世界で活躍していた冒険者の名前です。また、このブログ用のペンネームでもあります。今のところ当ブログでは、「とある世界」についてはあまり語られていませんが、今後語られるのでしょうか?わたしにもわかりません。

それはさておき、今回のテーマは自己検索です。過剰な自意識の発現である自己検索、一度は試された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、Julicoをグーグルで検索したところ、ウェブ全体で約14,100もヒットしました。
Julicoというのは、どうやら欧州あたりで実在する人名のようです。わたしはそれとは知らずに名付けたのですが、目立つことが嫌いなわたしにとって、ありふれた名前であったことは勿怪の幸いです。

次に「日本語のページを検索」を選択して絞りこんでみたところ、約656件と激減しました。日本語ページにおけるJulicoは、おもにネット掲示板・ゲームのハンドル名等でささやかに使用されているようです。

グーグルの検索結果を見る限り、日本のJulicoさんの中では「大航海時代 Online」に関与しているJulicoさんがもっとも大物と感じました。攻略法等の解説で注目を浴びているようで、Julico先生なんて呼ばれているページもありました。すごいなあ。(余談ですが、このゲーム前からちょっと興味あります。おもしろいのかな。。)

わたしがJulicoと呼ぶJulico(つまりわたし、ですね)は、グーグルの検索結果からは1件見つけることができましたが、これは以前、自分で書いたもの。わたしが知らないわたしに関する記述は見つかりませんでした。このブログはまだグーグルリーチャブルにしていないので、まあこんなものでしょうか。

これまでわたしが自己検索する場合、わたしに関する批判的な記述がないか心配で行うことがほとんどでした。
しかしながら今では、肯定的なものも含め、わたしに関する評判を期待する気持もあることに気付きました。これは、わたしに関するというより、このブログに関する、がより正確ですね。このブログに関する、ネット上にひしめく知らない誰かの意見を期待している自分がいます。

この記事は、自己検索について考察されたブログへのトラックバックとして公開します。ほぼスタンドアローンであったこのブログ、少しだけネットの荒海を知ることになるのでしょうか。

 * * *

以下蛇足。
たったこれだけの文章、いろいろ思いながら書いては消してたらこんな時間になってしまいました(午前4時!)。いつもはこんな夜更かしではありません。なんて誰に言ってるのでしょうか。自己検索に関する今日のブログ、自意識過剰で締めくくりということで。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わが家にスキャナーくる【やったー!!】

わが家にプリンター兼スキャナーの複合機が導入されました。

さんざん迷ったあげく、けっきょくブラザーというメーカーの一番おてごろ価格のものを買いました。
上位モデルでは、無線LAN、FAX、カラー液晶といったものが付加されていますが、印刷品質は同等。

部屋の広さは糸電話でも事足りるほどで、FAXの前に電話回線そのものが引かれてないし、カラー液晶にいたってはどうしてプリンタ本体に必要なのか理解するほどの知能をもち合わせていなかったため、上位モデルで用意されている機能は不要と判断しました。

以前検討(トラックバック先の記事参照)していたエプソンの機種は、用紙トレーが無いという理由だけで切り捨てられることになりました。距離を置いて見てみると、案外冷静な視点になれるものです、人でも物でも。あれほど強く思いこがれたけど、もうソジョンに未練はありません。達者でね。。

 * * *

ためしに手元にあったマンガ「神童」の表紙をスキャンしてみます。きれいにスキャンできます。そしてどうしてもある衝動を抑えきれず、スキャンした画像を印刷してしまいます。そしてごみが一枚完成しました。

スキャンした画像をブログに載せることを試みましたが、「画像の加工」という壁にぶつかりました。

有名どころでは、フォトショップなんでしょうか。Gimpというのもよく聞きます。プリンタ付録のCDにも何か入ってそうですがまだ試すことができずにいます。

しばらくはスキャンした画像と格闘することになりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)