« 人生の目的に関する考察 | トップページ | 論理トレーニング その2 »

続・人生の目的に関する考察

成熟社会とは、その成員たちが多元的な価値観のもとにさまざまな経験を通して、各人の生きがいを発見し、それぞれに自分の道を歩んで行くところにこそ成り立つ。最初からただ単一の価値観にとらわれ、しかも、その追求がさらに能率主義によって行われるならば、人は年をとり、高齢になるにつれて、何もすることがなくなってしまうだろう。

中村雄二郎『正念場』より引用

---
上の文章は、「論理トレーニング101題」(野矢茂樹)の問題としてあったものです。※

ちょうど昨日、人生の目的について思索をめぐらしたこともあってか、とても気になりました。

ぱっと思ったのは次のようなことです。

「今の日本とかIT業界とか、成熟社会じゃないじゃん。さまざまな経験なんてさせてくれないし、生きがい見つけるような教育させてもらってないもーん。」

でも、そんなことは言ってないですね。社会が悪いせいだ、なんて受け身な先入観がある。もう少しよく考えたら、次のような解釈もできそうです。著者の意図通りかはともかく、ありえそうな話です。

「多元的な価値観のもとにさまざまな経験を通して、各人の生きがいを発見し、それぞれに自分の道を歩んで行くことができる人ならば、高齢になっても不安はないように思う。そういう人たちからなる社会が成熟した社会といえるのだ。」

後半の文の主語は、「社会の成員たち」だと思います。やっぱり本当に言わんとしているところはわかりませんが、年をとってから困ってしまう、という話のようです。なぜ、「単一の価値観にとらわれ・・・」だと、困ってしまうのかは、イメージできませんでした。

それから次のようなも話も思いつきますが、先はまだ考えていません。

①今の日本社会の成員の多くは、成熟社会を構成する要素を満たしていないように思う。ならば、今の日本は成熟していないのではないだろうか。
②成熟社会を構成する成員が育たない原因は何だろうか。
③多元的な価値観のもとにさまざまなことを経験するには、各々の意識・意欲のほかに、経済的・時間的ゆとりも必要そうだ。
④生きがいを発見するには、③のほかにも必要なものがありそうだ。

今思い出したのですが、そういえば、以前いっしょに仕事をしたなかで、よい仕事をしている人はこういったこ難しいことにも意見をもっている人が多かった気がします。多元的な価値観があるのでしょうか。私は仕事以外、空っぽだったな・・・。

---

※ちなみにどういった問題かというと、「しかも」の箇所が空欄で、空欄に適切な接続詞を入れよ、というものでした。「論理トレーニング」は、内容もさることながら、問題として引用されている文章も、味わい深いものが多くて感心します。

|

« 人生の目的に関する考察 | トップページ | 論理トレーニング その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「困る」の一点に集中するなら、「勝ち続けられない=いつかは、自分が、効率的見地から切り捨てられる」ということだと考えればよいかと思います。

あるいは、

『勝ちまくってルールを決める権利を得た人が、衰えを感じた時になって、「負けたら死(winner takes all)」というルールを変えようとするのは自然です。もちろん既に勝って得たものは全部自分のものだけど、これからの稼ぎはは「みんな」で分かち合うのです。「成熟社会」とか、みんなが憧れるかっこいい言語明瞭素敵ワードはそんな時に使う言葉です。』

……なーんて言う読み方が、属性的になじみやすくて、どこが誰に欺瞞的に見えて、どこに誰の理想を見出すのか、とかが見えやすくなる人もいるかも知れません。

投稿: Diska | 2009年5月 6日 (水) 11時05分

>Diskaさん

コメントありがとうございます。

じつは「成熟社会」という言葉の意味とか背景にあることを知らないまま、こんなブログを書いたことを少し後悔してます。こういう話題にはあまり立ち入ったことがなくて、まるで想像力が働かないです。

わたしの場合、ヒントがないと「勝ち続ける」とか「ルール」とか「分かち合う」とかのあたりが、どうにも出てきません。ですが、「成熟社会」という言葉は、たしかにそういう文脈で使われそうで、しっくりきました。

投稿: Julico | 2009年5月 7日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521962/44910566

この記事へのトラックバック一覧です: 続・人生の目的に関する考察:

« 人生の目的に関する考察 | トップページ | 論理トレーニング その2 »