« 続・人生の目的に関する考察 | トップページ | 世界で一番南の島 »

論理トレーニング その2

テキストを第2部「論証」まで読んだところで、問題集「論理トレーニング101題」に手をつけた。かなり真剣に勉強したつもりなのだけど、問題集の問題をやると、たいてい間違えてしまう。おさらいの意味で、これまで勉強した内容を整理することにした。

○文章の流れを把握する手順

① センテンスの主張を把握する
当たり前すぎることだが、ここで読み違えると話にならない。しかし私の場合、ここでつまずく場合が多い。これは日本語の読解力の問題であり、本書でもとくに解説されていないので、別の参考書で勉強する必要を感じる。
いまのところの次の方法で対処している。

  • 長いセンテンスの場合、主張を端的に言い換えて読む。下線でキーワードをマークしたり、言い換えた内容を書き出すと確実。ほんとうは頭の中でできるとよいが、読解しにくい文が連続すると、私の場合、バッファオーバーフローしてしまう。※1
  • 知らない言葉は、なるべく辞書を引く。もちろん、文脈から意味を類推することも、実用では大事な技術だが、文意を正確に把握する練習なので辞書を使ったほうがよい。辞書を引くことで、語彙を広める勉強にもつながる。

② センテンスとセンテンスの接続関係を把握する
まず、主張の方向の変化を見定める。

  • 変化あり
    変化後の主張が言いたいこと → 転換の関係(しかし、だが)
    変化後の主張は副次的 → 補足の関係(ただし) ※2
  • 変化なし
    主張の内容が同じ → 解説(すなわち、つまり) または 例示(たとえば)
    主張の内容が違う → 付加(そして、しかも、むしろ) または 理由(なぜなら)、帰結(だから、それゆえ)

付加、解説、論証(理由・帰結)※3の関係は微妙で、どちらとも取れるケースがままある(特に、練習問題として用意されている文章は悩ましいものばかり・・・)。
迷った場合のチェック方法として次のやり方がある。ただし、万能ではない。

  • 逆転チェック法
    「B。なぜなら、A。」、「A。だから、B。」というようにひっくり返しても意味が通るのであれば、論証の関係と見ることができる。付加の関係は弱い関係なので、論証の関係が確認できれば、より強いほうである論証の関係が適切。
    解説と論証の違いは、さらに微妙。
  • 読み手の反応を想像
    難しい表現や言葉を使っている等の理由で、読み手が「どういうこと?」と聞きたくなるような場合は、次の文で前の文内容を解説していると判断できる。文の意味は分かるが、読み手が「なぜ?」と聞きたくなるような場合は、次の文で理由を述べていると判断できる。これは、私にはかなり難易度が高い。※4

③ パラグラフ全体の主張を把握する
これも日本語の読解力によるものが大きいが、センテンスの接続関係がヒントになる。
転換(しかし)の場合、「しかし」の後にくるセンテンスが主張したい内容である。
論証(なぜなら、だから)も、後にくるセンテンスが、言いたいことの場合が多い。

④ 複数のパラグラフからなる文章の場合、パラグラフごとの接続関係を把握する
(覚書:パラグラフ冒頭の接続詞の置き方について検討事項。パラグラフ全体の関係と、パラグラフ先頭のセンテンス、どちらに対しても違和感ないように使うのかな。)

-----

※1
ワーキングメモリが少ない問題は訓練で解決するのだろうか。あるいは、脳の使い方の問題なのか。数独とか、頭の中だけでやるとなかなか解けません。。

※2
「論理トレーニング」では、「制限」の関係と言っているが、「論理トレーニング101題」では、「補足」と言っている。

※3
「論理トレーニング」では、「論証」の関係の細分類として「理由」と「帰結」がある、と言っているが、「101題」のほうでは、接続関係の説明としては「論証」という言葉を使っていない。その他、転換の接続関係の記号も変わっている。これは「新版 論理トレーニング」で改訂されたのだろうか。「新版」のほうも読んでみたい。

※4
そもそも「どういうこと?」と「なんで?」を使い分けていなかった気がする。What? と Why?かなあ。

|

« 続・人生の目的に関する考察 | トップページ | 世界で一番南の島 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521962/44936663

この記事へのトラックバック一覧です: 論理トレーニング その2:

« 続・人生の目的に関する考察 | トップページ | 世界で一番南の島 »