« 論理トレーニング その1 | トップページ | 続・人生の目的に関する考察 »

人生の目的に関する考察

人生の目的はありますか?
面接で不意に問われた。これまでこの質問を受けたことはなかったので、すこしびっくりした。(今、少しウェブで検索したところ、それほど珍しい事例ではないようだ)

なんて答えたんだっけ?

「今のところ、意欲を持って事にあたることが一番大事と思っております。人生の目的そのものは模索中です。」みたいなことを口走ったと思う。

面接官に受けがよい回答など興味はないけれど、この問いについては真摯に向かい合いたいと思った。

少し考察してみる。

①何事かを成し遂げることを人生の目的とした場合

例えば、「世界一周することです」のようなものだろうか。この場合、成し遂げてしまった後のアクションが求められそうだ。考えられるものとしては、a)新たな目的を設定する、b)無目的に残りの人生を送る、c)人生を終わりとする、の3通りだろう。

a) 新たな目的を設定
この場合、人生の目的を複数持つことになる。程度にもよるのだろうが、一生をかける目的としては軽く感じてしまう。また、どちらがより大事な目的なのかも説明が求められそうだ。

b) 無目的に残りの人生を送る
目的を持たず人生を送る期間が存在することになる。つまり、「人生の目的はない」、という回答と同種の問題をはらむ。

c) 人生を終わりとする
あまり考えたくないので、ここではノーコメント。

②一生にわたって継続するような目的

例えば、「幸せな老後を過ごす」、「(規範となるような人生を送った他人)のような人生を送る」、などだろうか。この場合、目的達成後、その状態が継続するので、①のように、目的を成し遂げた後のアクションについては考えなくていい。その代わり、目的の内容の具体説明が求められるかもしれない。例えば、「あなたが言う幸せとはなんですか?」とか。

また、①、②とも、「その目的を達成するために、あなたはどんなことをしていますか?」という質問がありえる。面接官が聞ききたいのは、むしろこっちだろう。

ここまで考えて、「人生の目的とは」という問いに対して、自分が求めている回答はこういうことではない気がしてきた。

日々、自分の人生に向き合う姿勢や態度の方向性を決める力を持った何か。そういった存在を漠然と想像する。これは、ないものねだり?

あれれ、そういえばこんなことって、小学校のときクラスメートと言い合ったりしたような。
うーん、真面目に考えてこんだけとは。もっと考えを進めることを自分に言い聞かせつつ、今日はここまで。

|

« 論理トレーニング その1 | トップページ | 続・人生の目的に関する考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521962/44898645

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目的に関する考察:

« 論理トレーニング その1 | トップページ | 続・人生の目的に関する考察 »